« 時間内に書くのは苦手でした(ノ_-。) | トップページ | アナウンサーの就職活動体験談~元岩手放送アナ(2/5) »

2010年4月 5日 (月)

アナウンサーの就職活動体験談~元岩手放送アナ(1/5)

アナなるドットコムアナウンススクール


4/19(月)開講!!





1回ずつの講座なので通いやすい!


都内の他校に比べ低価格!


まとまったお金がなくても大丈夫!



現役フリーアナが講師。


アナなるドットコムならではのネットワークで


現役局アナの話を聞ける機会も!







詳細はこちら>>




局アナ経験のある現在フリーで活躍されているアナウンサーたちに自分の就職活動を振り返ってもらいました。第2回は岩手放送でアナウンサーをされていた大澤幹朗さんです。




バックナンバー 第1回 札幌テレビ放送アナウンサー 西野嘉良子さん 
 
 
 
 






にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ




アナウンサーのなり方???




私がアナウンサーになりたいと思ったのは、小学4年生の頃。当時よく聞いていたラジオパーソナリティーへの憧れや、古舘伊知郎さんのプロレス実況がきっかけでした。中でも家全体がスポーツ大好きで、スポーツ中継をよく見ていたこともあり、漠然とスポーツアナウンサーへの憧れがありました。




中学・高校の頃は、人前で話すのは苦手ではなく、むしろしゃべる仕事は人より向いているなと思っていましたが、アナウンサーにどうすればなれるのか、さっぱりわかりませんでした。そこで早稲田のアナ研か立教の放研が当時有名だったこともあり、とりあえずそこに入るのを目指して受験勉強をしました。




「ここに所属している人がいっぱいアナウンサーになっているらしい。そこに行けば何かわかるかもしれないぞ」

そんな単純な考えでしたが、一方で受験勉強のモチベーションにもつながっていました。




つづく・・・




就職活動人気ブログも見てみよう




アナウンサーになるには~アナなるドットコムBLOG-oosawa_blog


大澤 幹朗(おおさわ・みきお)


㈱圭三プロダクション所属のフリーアナウンサー。

1997年、IBC岩手放送入社。スポーツ中継や音楽番組のDJなどを担当。

2003年からフリーとなり、海外サッカー、Jリーグ、プロ野球などの実況や、競馬中継のキャスター、ナレーションなど、幅広く活動

|

« 時間内に書くのは苦手でした(ノ_-。) | トップページ | アナウンサーの就職活動体験談~元岩手放送アナ(2/5) »